Author Archives: Hikari Ishitani

ZTE docomo MONO MO-01K – 殆ど新品だった。

見出しが思いつかなかった(‘・ω・`)前提として普段使わない人向けの機種ですので、ゲームや動画などで通信速度や処理速度が必要な人は購入を控えましょう。【メリット】・安い。2. 5万円ながらドコモwithなら毎月1500円ひかれるので、実質基本料が下がります。amazonで買っても新品9800〜13600円です。・画質が良いiphonexあたりと比べてはいけませんが、実質無料携帯としては綺麗です。【デメリット】・wi-fi規格のaとacが未対応一応最新の機種なのでacに対応していると思いきや、aにすら未対応。通信のaやacというのは速さと思ってくれていいです。ac>a>gとなりますが、mo-01k はgにしか対応していません。なので容量の大きい通信を行う時には時間がかかります。私はこちらの機種に変更だけして実際はiphoneを使っていますが、ゲームなどをする方でこちらをメインに考えている方はやめましょう。逆に普段から通話にしか使わない方や、スマホデビューをなさるご年配の方にはドコモwithで購入するには良い製品だと思います。追記ゲームをしてみました。コトダマン→重いpubgm→重いキーボードがおかしいし、ゲームをするには重いしで、やはりゲームには向いていませんでした。. Mono-01jからの乗り換えです。01jはsdカードのマウントがしょっちゅう外れて改善されないので、ヤになったので買い換えました。概ね満足で、ゲームをしなければ普通に使えます。xperiaも併用して使ってますが、ニュースや調べものyoutubeやline,amazonでの買い物等には問題ありませんねー. マナーモードスイッチが便利です。※逆に音量コントロールで最小にしても消音にならないので注意。. なぜか、手帳ケースまでおまけについていて非常に良かった。横側によく見ないとわからない傷がありましたが、問題ありません。. 父親がらくらくホンを卒業するために購入しました。lineくらいしか使わないのでこの機種で十分使えます。. 利点と欠点 メリット ゲームをしないなら必要十分 へいへーい 普通に使える。 デメリット 特徴 ZTE docomo MONO MO-01K White モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ■付属品:箱 SIM取り出しツール(試供品) クイックスタートガイド ■当社6ヶ月保証■おまかせロック・赤ロム等のネットワーク利用制限は永久保証 OS:Android7.1 CPU:Snapdragon 435(1.4GHz/1.1GHz)オクタコア RAM:3GB ストレージ:32GB ディスプレイ:5.0インチ(720*1280) メインカメラ:約1320万画素 サブカメラ:約500万画素 外部メモリ:microSD(MAX256GB) 電波帯:FDD-LTE(Band1/3/19/21/) 3G(Band1/6/19) GSM(850/900/1800/1900MHz) 通信:Wi-Fi(b/g/n)/Bluetoot4.2 その他機能:テザリング/ハイレゾ/GPS/防水/防塵/ 重量:約153g … Continue reading

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment

ソニー(SONY) SONY SoftBank Xperia Z4 402SO – 確かに美品でした

返品しました。バッテリーのもちは悪くても仕方ないけど、異常な熱さになりました。普通に手に持ちながら使用するのは無理です。. 昨年の機種ですが、機能も充実しておりwifiで活用しています。. ”携帯王子” からコンディション ”良” のものを購入・色は商品名にあるwhiteではなく水色・バッテリーは残65%でシャットダウン、15分しか持たない・タッチパネルの4分の1が反応しない画面が使い物にならないのは想定外でした。こんなのをコンディション”良”で売っちゃうんですね、使える部品少なすぎ。. Wi-fi・google pay利用目的で購入。美品で良いと思ったが、ディスプレイの一部反応せず返品。2台目も美品で今度は問題なし。満足しています。. Simフリー化したがmvnoのsimに全く反応なく、ネットワークが利用できないと。ピクトも立たず、すわ故障か?まずは再起動だよねと自分に言い聞かせて再起動してみるが変わらず。まさか・・・と思って端末の初期化→apn再設定→おお!ピクト立ってる! でも3g。(‘・ω・`)wifiの設定をしてソフトの更新実行。→ん?!3gからさりげなく4g表示。 (lteじゃないのよね、sbは。)というわけで、非常に面倒な、紛らわしい挙動の 402so xperiaz4 でした。docomoの so-03g なら再起動なしにapn設定だけでいいのにねぇ。ああ心臓に悪い。. 中古とは思えない程綺麗な状態で届きました。目立った傷もありませんでした。スマホはこれから充電して使って見ますが不具合がありませんように。。。使って見ましたがやはり低価格だけあってバッテリーに異常があるみたいです。. 利点と欠点 メリット 使い物になりませんでした 異常発熱! 傷もなく綺麗な状態 デメリット 特徴 SONY SoftBank Xperia Z4 402SO White モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 402SO ホワイト ベスト SONY SoftBank Xperia Z4 402SO White … Continue reading

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment

UMIDIGI F1 SIMフリースマートフォン Android 9 – 費用対効果は抜群ですが、LINE 通知が・・・

▌約20000円で、画面きれい・バッテリー5000、メモリ6gbで内容量128gbも入る。無駄な初期アプリも少なくホームアプリ落として好みにカスタムしていける。カメラは1600万画素/わりといいのとれます。速さに加えて、案外薄くて軽いと思う。フィルムも一応最初から貼られていたので手間省。ドロップ型インカメノッチなので黒い部分少ない/そこまで気にならない。miravision搭載で、画面の青み/色彩/ブルーライトなども調節してます^-^下にある”戻るボタン・設定ボタン・ホームボタン”位置変更可能なのは神。イヤホンジャックが下にあり、ワイヤレスイヤホン否定派には◎。あと、スピーカーは下で、割と悪くない音で結構デカく出せるのでそこも良いと思います。※価格上、防塵防水ではなくワイヤレス充電ではないです。google日本語入力も最初から搭載。日本語も大丈夫。●iphone何度も落として割って、毎回10万とか払ってる人とかはマジで考え直したほうが良いかも。iphoneはいうてガラスなので、強化プラっぽい系の機種より、本当に割れるかと思います。ちなみに初心者に難しいといっている人がいますが、初心者がそもそもsimフリーを買うんですか?という話であって、疑問を抱くたびに念入りに検索すれば解決できる話です。googleが今はあるんですから。▌新機種f1-playとの比較についてまた、2019年には後続で、「umidigi f1 play」がでています。あちらは4800万画素の鬼カメラ搭載。ほしい人はいいけど、それで入る容量64gbて矛盾では?重さが少し増え容量と引き換えにramが6gになっています。が、エラーや改悪アップデートが多いのかあちらのレビューは低めです。▌技適f1/ f1 play /s3pro /power certの4つに関しては内部pdfに技適サイン確認できているようです。5月中旬アプデによりまた変わってくるとかなんとかです。あろうがなかろう正直どうでもいいですがうれしい。. 主に荒野行動する為にと購入しました。サクサク動くし充電持ちも良く満足してましたが、2か月で充電コネクタ部分が壊れました。折り曲げたり、雑に扱った訳ではないのに急に充電出来なくなりました。新しい充電器もだめでしたし間違いなくコネクタ部分だと思います、交換等して貰えなかったら本当に残念で仕方ないです、最悪です. コスパ良しapnに関してyモバイルのみ設定済みでした。近々、yモバイルから販売されるかも更新:結局、交換を含めて4台使いましてが   2か月保たず使用不能になりました. (2019-04-26金曜に編集しました。ちょっと変更。ちょっと追加。) 今まで、138グラムのを使っていたので重い感じがするが、まあ、umidigiシリーズでは、最新またはほぼ最新のなかでは一番軽いと思います。首からぶら下げるのは昔のカメラの吊るすヒモ見たいのを首から使うと首に圧迫感が来ない。ちょっと重いって言ったって、電池容量がほぼ世界一?なので、予備の充電池を持って歩いていると思えば軽いとも言える。 画面がきれい。 エクスペリアのように、「机の上にずっと置いたままでも着信の光るお知らせ(通知)」があればもっといいと思う。でも、私は専用の手帳みたいなものに、はめて使っているので、あまり不便はない。いわゆる通知があったなら、バイブと音声で知らせてくれるし。 削除不可の余計なアプリがないので便利。例えば、エクスペリアだとエクスペリアの搭載のソニーアプリがついているのだが、そのアプリは削除不可のアプリだった。 この前、購入時に付いてきた充電器で充電したら、60分で22パーから80パーに充電できた。 次の週に、25%残った状態で、普通の1aの充電器と3aのタイプcケーブル(どちらもダイソーで買った)で充電した。そしたら、2時間で80パー充電できた。(パー=%)。. 5月に買って約4ヶ月は快適に使えたけど、9月ぐらいから急に基本操作がカクカクのタッチ不良&プチフリ頻発でまともに使えなくなる。電源ボタンの切→入でほんの数十秒程度は操作が復旧するも同じ症状の頻発。ストレスマックスで精神衛生上も良くないので使うのを諦めた。もちろん、端末の初期化にアプリ削除にキャッシュやメモリの削除などと色々試してはみたけど全く効果なし。評判に釣られて安物買いの・・・をやっちまったなぁ~感で反省のような自己嫌悪のような。おかげでメーカーのイメージだだ下がりで、二度と近寄らないでおこうと決めました。. 海外移住の為にsimロックフリーのスマホが必要で購入しました。名前の知れてるメーカーだと海外版や中古でも3万円以上するスマホのスペックが新品でこの値段。ゲーマーでもない、写真もこだわりがあるわけではないので十分の仕様です。wi-fi状況でしか使っていませんが、今のところ問題なく動いています。1度再起動したら画面が真っ青になり画面左上に小さな中国語が出てきてフリーズしてしまいました。再起動もできず不良かと焦りましたが、電源ボタン長押し続けていたら無事に再起動できました。皆さんのレビューからチョコチョコ不具合が起きるみたいなので電子機器に疎い私はビクビクしていまするので、☆3つにしました。海外先でsimカードを購入して使うのでvpnなど少し不安ですが。。。指紋認証は上手く動いてます。認証できずやり直す時も、ゆっくり2,3秒空けてからし直すときちんと認識しまよ。. 9/18追記8月のアップデートで、dsdsが不安定になりました。不安定になるタイミングは恐らくハンドオーバー時で、通信ができなくなり、simが一旦無効状態になります。電波状況が⊿⊿になります。その後、数分で戻りますが、町中でもイライラして使いものになりません。———————————auの非volteスマホのsim(cdma2000)使えました。スロット2にuq mobileのvolte用データsimをさして、dsdsで使っています。au volte大丈夫です。なお、この機種はimeiを書き換え事ができるので、書き換えればimei制限をかけているauのガラケーvolte simも使えると思います。バッテリーの持ちもよく、サクサク動き、液晶も綺麗でコストパフォーマンスは最高です。ただ、gorilla glassではないみたいで、他の方のレビューを見ると液晶に簡単に傷が付いてしまうようです。また、市販のガラスフィルムも、良いものが無いようです。さらに残念ながら、スリープ時に通知が来ても通知が表示されません。(通知の音は鳴ります。)以前使っていたスマホはスリープが自動で解除されて通知が表示されました。通知ledに関しては、そもそも水滴ノッチなので、ledが無いのは普通です。なお、移動中に勝手に3gに切り替わり、なかなか4gに戻りません。(しばらくすると4gに戻ります。)すぐに4gに戻したい場合は、機内モードをon/offして、復旧させています。ただ、2万円という価格を考えると、コストパフォーマンスは最高なので、星5つの評価としました。. 半年ほどで充電端子の接触が悪いのか充電がちゃんとできなくなりました。その旨を何度もショップにメールして修理や交換をお願いしたいと伝えてるのに、一切連絡がありません。1年間保証があるはずですが、これじゃ1年保証の意味がありません!まだなんとか充電できるけど、この先いつ充電できなくなるかわからないし、スマホが充電できないのは1番の致命傷です。早くなんとかして下さい。. 利点と欠点 メリット コスパ最強!優秀なサブ機兼クセのあるメイン機 1万円台コスパ最強スマホ まぁ、欲しかったし この性能なら文句なし デメリット スペック的には問題はぼくの使い方なら問題はないです。ただ、usbcの接触が悪く充電中に動かすと充電のon/off が繰り返されまのでうざいです。タッチパネルが触ってもないのに動いたり動かなかったりして使いづらかったり気がつくと電源が落ちてたりします。カメラはオートフォーカスが弱い気がします。こんなもんなんですかね??. 2か月使っています。以前利用していたスマホと比べて感じたことは、バッテリーを気にせず使えるようになりました。ストレージも気にせず好きなアプリを入れられるようになりました。今後アップデートし続けても十分使えそうです。アップデートで技適も表示できるようになり、バッテリーインジケーターも表示されるようになりました。再起動も特になく、フリーズすることもないです。sdカードアクセス不良も一切なし。フィルムとケース付き。またケースは傷が目立ちやすいクリアケースではなく、シボ加工のマットな黒いケースな点も良いです。買ってすぐに傷を気にせず使用開始できました。カメラに不具合があり、1度交換対応して頂きました。個人的には対応がスムーズで良かったです。本当はp30liteにする予定でしたが、ちょうどhuaweiショックの時期でした。またp30liteだとストレージが64gに減る、バッテリーが3340 mahに減る、価格が13000円程度高い、などがありこちらにしました。コスパはumidigi f1の圧勝に感じました。一方でhuaweiの良い所は、emuiなど独自のカスタマイズ・作りこみがすごいです。タッチ感度の微調整も行っているようで素のandroidで発生する誤タッチの防止や、片手で通知バーをスライドする仕組みなど相当作りこんでいる印象です。アプリもサポートや歩数計等、何気にあったら使うかもというアプリを誤作動が少ない状態で起動させるように作っているように感じました。huaweiの作り込みが良ければhuawei製品、素に近いandroidが良ければumidigi、と好みのわかれる部分かもしれません。それと指紋センサーはhuaweiが圧倒的に感度が良いように感じます。複数登録してもhuaweiには敵っていない状態です。ハードかソフトの問題か分かりませんが、細かい所はhuaweiは本当に作りこんでいます。(一方で広告表示の遠隔操作問題などもあったのでどこまで作りこみ過ぎているのか、気になる部分ではありますが・・・)悪い部分も書いてしまいましたが、umidigi f1は正直すごいなと感じました。スマホメーカーの中で頭一つ抜けたhuaweiの、p30liteと比較できるというのがまずすごいです。そして価格やバッテリー、ストレージで勝っているというのが驚異的です。逆に言えば3万円以上のスマホの快適性を2万円で味わえます。またスマホメーカーの中には大手であってもサポートが非常に厳しい企業もあります。その中でumidigiは少なくともamazon経由で購入すれば一般的なサポートは問題なく受けられると感じました。総じて人にお勧めできる機種だと感じました。またumidigiに限らず、この機種よりも下のスペックだと快適に利用するのは厳しいと思います。この機種(スペック)が快適に利用できる一つの区切りのモデルかと感じました。. 通算100回は越えました、突然の電源落ち。毎日毎日、何度電源落ちしたことか. 原因は電源の残量を認識する部分が極めて脆弱で、頻繁に電源落ちとバッテリー残量が変化します。残量20%→電源落ち→再度起動→残量45%→また電源落ち→電源ボタン長押し→付かない→30分後→付くこんなことの繰り返しでした。少しの衝撃でも電源落ちするようになり、終いにはバッテリーが充電しても急激に下がるようになりもう我慢の限界です。相当脆い作りです、これ。買い換えます。購入はお勧めしません。デザインはかっこ良くて非常に残念です、中身はお値段の通り極めて安い作りです。. 最初は良かった、この安さでストレスなく動くしpubgmも快適ではないが出来る、文句はほぼ無かった、、ただ1ヶ月もしない内に充電口が駄目になった、元から挿すときゆるいとは思っていたが、その内少し動かしただけで充電解除、開始のオンパレード、、イライラしかない、問い合わせたらその動画を撮って送ってくれと言われた、んなもん面倒いからポコフォンf1買った、初めから買えば良かった、、買うなら後15000円足して素直にポコを買え. この価格帯とは思えないくらいサクサク動くスマホです。いまのところ問題無く使えています。. ・画面が大きいにも関わらずコンパクトで、画面の発色も非常に綺麗です・cpu、gpuの性能も価格の割にはかなり高性能でパズドラはもちろんのこと、荒野行動やpubgなども調整次第で快適に遊べます・バッテリ容量も多いうえに、充電速度も早いのでバッテリーの心配もなく使えます・ram、rom容量も4gb、128gbと同価格帯スマホを突き放す大容量・問題視されているカメラは同梱アプリにやや問題があるだけで、別アプリを入れると十分にいい写真が撮れますこんなスマホが2万ちょっとで買えるなんて本当に驚きです…タイトルにも書きましたがまさに価格破壊なスマホです。メイン機としてはやや性能不足感がありますが(ネットサーフィンや音楽鑑賞、動画や電子書籍目的なら十分メイン機として使えます)、サブ機としてもう一台ほしい方は非常におすすめです★f1(無印)とf1 playどちらを買うべきか迷ってる方へf1 playは無印と比べてカメラ性能が上がり、ram、rom容量が6gb、64gbになっています。そのため、写真撮影や動画撮影、処理が重いゲームを楽しみたい方はf1 playを、動画や電子書籍、音楽、処理が軽いゲーム中心の方はコンテンツを沢山保存できるrom容量の多い無印をおすすめします. 自分はiphone5sを発売当初からずっと使っているのだが、どうにも最新技術の詰まったスマホが欲しくなり購入。知り合いに「この端末が予算内で一番スペック高いぞ」と教えてもらい自分でも調べてみればベンチマーク16万点とiphone5sの6万点(笑)を遥かに上回る性能。泥端末自体は前から持っていたが、スナドラ450のandroid one s1というシャープ製格安スマホだった。まずやはり中華ということもあり製品のバラつきは大きい。初期不良なんかは低確率ではあるが高い物に比べれば確率は高いので注意して欲しい。自分は当たり個体を当てたようだ。この価格だけにどうせあの(android … Continue reading

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment