Category Archives: スマートフォン本体

シャオミー Xiaomi mi 9T Pro – Good phone

まずこれはグローバル版ではなく、redmi k20 proにmi 9t proのromを焼いたもの。それ自体に別に問題ないが、それをするには業者が一度開封する必要がある。おそらくその際に雑に扱ったのだろう、バックパネルの隙間には粉のようなゴミが大量に付着しており、これが多分バックパネルの両面テープについていて取ることができない。また、背面カメラのフレーム?にも3箇所ほど傷、バックパネルにも細かな傷がいくつかついていた。更に純正ケースではなく、粗悪な透明tpuケースが付属していた。安物であることが丸わかりである。加工精度も低い。とりあえずはやく届くのでこちらを選んだが、完全に失敗だった。多少配送に時間がかかってもetorenなどから買うのがいいと思う。価格もamazon内のetorenであれば同じ。こういうことになるなら、端からredmi k20 proとして売るべき。rom焼きくらい誰でもできるのだから。. まず、到着がめっちゃはやい。そしてスペックは申し分ないです。この値段では満足しています。技適がないのを承知の上で買うならコスパめちゃくちゃいいですね.  商品名や説明に「mi 9t pro」と「redmi k20 pro」が混在していて混乱するかもしれませんが,既にレビューされているように送られてくるのは画像のとおり中国国内向けモデルである「redmi k20 pro」です。 それにmi 9t proのファームウェアを焼くことで「ほぼ」同等に使えるわけですが,対応している回線バンドの違いなど「mi 9t pro」と明らかに異なる部分も多いのが実際のところです。 なので,出品者にかかわらず「redmi」の文字が見え隠れしている場合は その辺りを理解した上で選択する必要があるでしょう。 もっとも,元より その辺りを理解していて初めて手を出すべきジャンルの商品ではありますけれど…。 手元に届いたk20 proについては,初期設定直後のアップデート2回でandroid 10ベースとなるmiui global 11. 0となっていて,普通のandroid 10デバイスとしても使えています。 が,それと判る書きぶりになっているとはいえ「商品名と実際に届く商品が異なるのは やっぱりダメでしょう」というわけで,1個減らして★2とします。. 利点と欠点 メリット Mi 9T ProとRedmi K20 Proは似て非なるもの 購入してよかった … Continue reading

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment

ソフトバンク クリエイティブ SoftBank SONY Xperia XZ 601SO プラチナ – 安心して購入出来ます。

機種変するときは、又xperiaにする予定です!. 思ったより傷もなく画面も綺麗で大変満足してます。ショップでの購入だけあって丁寧に梱包もされており次回もこちらの方で購入したいと思います。. 利点と欠点 メリット 使いやすい 安心して購入出来ます。 デメリット 特徴 SoftBank SONY Xperia XZ 601SO プラチナ モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 601SO Xperia XZ プラチナ ベスト SoftBank SONY Xperia XZ 601SO プラチナ レビュー

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment

docomo MEDIAS X Pink 白ロム N-06E –

特徴 docomo MEDIAS X Pink 白ロム N-06E モデル番号を入力してください これが適合するか確認: サイズ(折りたたみ時):高さ 約 138mm×幅 約 67mm×厚さ 約 8.5mm(最厚部 約 9.5mm)。電池パック装着時の重さ:約 136g。 ディスプレイ:サイズ 約 4.7インチ。 種類 HD 有機EL。 連続待受時間(静止時):3G:約 550時間/LTE:約 450時間/GSM:約 430時間。 連続通話時間(音声通話時):3G:約 580分/GSM:約 610分。 充電時間:約 190分。 カメラ(アウト・外側・メイン/イン・内側・サブ):有効画素数 約 1310万画素/約 130万画素。 記録画素数:約 1300万画素/約 130万画素。 動画録画時間(本体保存時/外部メモリ1GB保存時):約 175分/約 81分。 静止画記録枚数(本体保存時/外部メモリ1GB保存時):約 1000000枚/約 38993枚。 ベスト … Continue reading

Posted in スマートフォン本体 | Tagged | Leave a comment