Motorola(モトローラ) モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z3 Play 4GB 64GB ディープインディゴ 国内正規代理店品 PABH0005JP/A – 親指が楽・スクショ撮りやすい! (追記:z playより超速い!)

購入して4日目時点のレビューです。moto x playからmoto z playへその次に当機種へ買い替え。全体的にmoto z playからの比較レビューになります。サイズは縦がほんの少し長くなりましたが特に違和感なし。横はほぼ同じです。動きに関してはmoto z playでも特に不自由を感じていなかったので、こちらも同等以上です。snapdragon 600番台は 615 617 625 636の使用となりましたが、やはり体感は上がっていると思います。使い方的にはsms付きデータsimこの端末ではゲームはしない、sns、ネット動画視聴、sdカードの動画視聴、音楽再生、マップ(ナビ)、スケジュール管理、ウェアラブル端末のモニター、web、メールなど、時々テザリング。一般的なビジネスユース+アルファと思います。バッテリーに関してはz play比較だと500mahほど減っているのでその分時間が持たなくなっている感じです。具体的には朝満充電で上記の使い方で夜見るとz playは70%台だったのが60%台という感じです。割合から言うと善戦しているという感じです。一日には十分もちます。まあ、電池に関してはもう少し使用して活性化してから様子を見たいと思います。2018/11/6追記電池状態を確認したところgoogle 開発者サービスが暴走していたので、対応したら電池は少し良くなりました。普通に1日使うのに不安になることはないです。3. 5mmイヤホンジャックがなくなっていますが、もともとbluetooth環境を構築していましたので自分の場合は特に問題はいです。車ではヘッドセット、もしくはaux経由のbluetoothレシーバ(5. 0対応)併用。ウォーキング時はスポーツ向けヘッドセット使用です。まあ、usb type-cから変換アダプタも同梱しているので通常利用では問題なしです。付属品はいつもどおり、充電器、ケーブル、simピン、イヤホンです。ケースやフィルムはいつもどおり無いので事前に購入しておいたほうが良いでしょう。裸族は別ですが。イヤホンはz2 playからカナル型になっているようです。z3 playもカナル型です。装着感が苦手で使ってません。ヘッドセットはインナーイヤー型で、ウォーキング用はいわゆるearpods型の形状(インナーイヤーの変形?)両方共plantronicsを利用。音楽用は物色中。今回、米amazonからspigenのruggedarmorを購入しました。他端末では装着して使ってみてから良いと思っていたのですが、やはり良いです。ただ、moto modsの際はつけ外しが必要になります。バンパーが販売されればそちらは使ってみたいところです。液晶保護ガラスも米amazonから一番評判の良いものを購入。こちらも良かったです。指紋認証センサーについてです。認識率はすごく良く誤認識はほぼ無いです。場所に関しては横なので使いにくい人もいるかも知れませんが、自分は間違って認識というトラブルはないです。個人的には指認識5本ではなく、6本、せっかくなら10本認識できたほうが嬉しいです。持ち方によって使う指が変わるので。なお、前面にあるときには画面on時に指紋センサーを触るとoffにできていたのですが、その機能がなくなっています。これはかなり不満です。電源ボタンを押せばよいのですが、なれると指紋センサーの位置が都合が良く、ロック解除にしか使えないのはちょっともったいないです。2018/11/6追記片手で持っているときに指紋センサーに指が当たるので指紋センサーでoffは無いほうが良いような感じがしてきました。電源ボタン左はこうなると逆にしっくりくる気がします。液晶画面に関しては画質、明るさについてはz playとほぼ同等、すごくきれいです。解像度が上下方向へ上がったのでwebなどで調べる際には視認性が上がりました。カメラは機能が多すぎてすべて使うところまで行ってません。カメラに関しては2つ前の端末 x playがすごくきれいでした。z playですこし落ちた感じですが、それでも困った感じはしていませんでした。というとでz3 playでも現在困ったようなことはないですし、普通に綺麗です。ちなみにz playで鍾乳洞で写真を取りましたが、旅行者が持っているレベルのデジカメでは撮影不可能場面でもスマホでは撮影できます。そういう意味では最近の機種では大きく困るようなことはないでしょうね。moto アクション、moto ディスプレイがこの端末の最大の利点です。これが故にmotoを使っています。この辺のz playからの良い点は夜間モードができたことでしょうか?小説(webもデジタル書籍も)をよく読みます。日中は問題ないですが、夜間モードが助かります。z playのときにアプリも入れてみたのですが、イマイチだったのでシステムで対応しているのはありがたいです。moto ボイスは・・・ まあ、触れないでおきます。項目があるのに使えないのはいらっときますが、まあ、日本語に対応していないだけなので・・・dsdsのsdカード排他利用は残念ではありますが、自分はdsdsを利用していないので実害はないです。dsdsを使ってsdを利用したい場合は不可能なので気をつけましょう。moto z playのandroid8. 0からですが、緊急速報メール(etws)に対応しています。まだ、z3 playでは配信がないので不明ですが、項目としては存在していてonになっていますのでいざというときにはなってくれるでしょう。全体としては満足しています。耐久性など、もう少し使ってみないと不明なんてもあります。現在moto modsはスタイルキャップしか持っていないので、そのへんも体感できていませんが、近いうちにいろいろ買おうかと思っていもいます。あとは、価格でしょうか。性能から考えると妥当かなとは思うのですが、同じランクの他社が安価なのでなかなか売れないでしょうね。あと、本体の出荷数にも依存するでしょうが、ケースやガラスなどがちょっと少ないかなという感じです。moto modsを使えということでしょうが、もしくは x4買えということかもしれませんが、いろいろできるzシリーズが好きなので今後も続くと嬉しいです。最後に、サポートについてはほかレビューと同じ印象ではありますが、まあ、lenovoのサポートなのであんな感じでしょうね。日本の会社では考えにくいですが、asusもそうですが、サポートは期待しないほうが良いです。huaweiなどはサポート良かったですけどね。あと、購入先ですが、amazonの場合、購入先を注意です。出店者から買った場合サポートが正規ルートでは無いのでサポート対象外と言われます。保証内でもです。その場合は販売元に問い合わせましょう。良い出店者であれば対応してくれる場合があります。g4 plus(知人の端末でゴーストタップ)とx play(知人の端末でディスプレイ異常)でサポートで引っかかりました。安価なものではないのでそのへんは十分に考えてから購入することをおすすめします。.

Z2ではできたsim2枚とsdカードのトリプルスロットが出来なくなっていたり、指紋認証が側面に行ったことでの誤タップなど、完全に劣化している。それでいてパフォーマンスはそこまで伸びているわけでもない。排熱も悪化しており、z2と比較してすぐ熱くなる。唯一の取り柄は今までのmodsを使えるということだが、先にサポートの不親切さについて言及しているレビューにもあるように、ここの端末を購入するのはおすすめしない。modsは手痛い勉強代としてゴミ箱へ捨て去り、他のスマホを購入したほうがいい。z2を買うというのも一考だが、android8にアップデートしてからバッテリーが膨らむ人が続出していて(かく言う私もそう)、これもいい選択とは言えそうもない。イヤホン端子穴も無くなっている。これはそう気にならないが、これを廃して厚みが増しているのだからよくわからない。普通逆では?書いていて泣きたくなってきた。もう僕らが好きだったモトローラはいないんだ。悲しいことに。.

 当方motoz2よりの乗り換えです。バッテリの膨張が原因ですがひとまずそこは置きます。本機の使い勝手として幾つか違いと不満点を述べさせていただきます。 ① 指紋認証について    感度は確かに良好、されど良好すぎてふと触れるたびに振動して気になる。motoを掴んで鞄やポケットから取り出したりするわけだが側面にまったく触れず出すような人が多数派だと思ったのだろうか、、、 ② ワンボタンナビについて    motoシリーズの特徴の一つと言える機能。z2では長押しでロックできたのだがz3ではなぜか出来なくなっている。(googleアシスタントが起動してしまうだけでロック出来ない。取り扱い説明書では長押し時間の調整でロックも出来ることになっているのだが、、、)左手で保持して使う人は親指が電源ボタン(ロックボタン)に触れる位置にあるから人差し指などを指紋認証に使えばいいが右手で保持して使う人はこの状態では極めて使いづらい。(ワンボタンナビでロックする方法がないか調査中) ③ デュアルsimについて    z2ではsim2枚とmicrosdの計3枚を同時に装填できた。z3は確かにdualsimだが2スロットの内1スロットが共用、つまり計2枚までしか装填できない。これは単純な劣化点である。 ④ イヤホンジャックについて    仕様記載の通り、イヤホンジャックが無い。bluetooth系のイヤホンなりヘッドフォンなりを事前準備されることをお勧めする。 :総評:   z2に比較して不便となった面が目立ち優位性が薄い印象を受ける。特に目立った”新機能”が無くz2からの変更点に対する不満が主に出てきてしまう辺り不憫な機体である。購入するにしても世の中のレビューがもう少し不満点を言い出すくらいになってから熟考することをお勧めする。.

Xperiaからの乗り換えです。スペック的にはミドルハイ機ですが、オリジナルアプリ等はほとんど無く、またキャリア紐付きアプリも当然無いため、メモリに余裕があり動作が軽快です。指紋認証も家族の分まで登録していますが今のところ全く誤動作はありません。また認証位置がサイドなため、カバンの中などで誤って起動する事も無く便利です。ゲームは殆どしない(ポケgoくらい)ので電池はこの位で充分で、2泊3日の出張くらいならmoto modsバッテリーパックを装着すれば充電器要らずで大変助かります。音について。横向きにして本体で鳴らす際に音が片方だけ(上部スピーカー側)から聞こえるのが違和感を感じますが、これはmoto modsスピーカーを使ってくれと言う事でしょう。また3. 5φピンのイヤフォンが付属しますが、本体にusb-c端子しか無いため、変換機も付いてきました。外観では往年のrazrを彷彿とさせるキレイなダークブルー、また価格の割りに精密に作り込まれており、ビジネスの場でも恥ずかしくない高級感があります。総じて良い買い物だったと満足です。.

初代moto zを使用してましたが画面が大きくなったとのことで購入してみました。画面が大きくなったためフレームも僅かに大きくなってこれまでのmodsが鏡餅状態となり美しくない。合体コンセプトで実用的なのはバッテリーくらいですからバッテリーだけ本体にマッチする物をリリースすれば良いと思う。.

Moto g6 plusを利用しており、快適だったのとmoto modsを使ってみたくなって購入。正直、moto modsを使えること以外はg6の方がコスパが高いように思う。simも本機は排他使用。.

1週間ほど使ってみたレビューです。moto z, moto z playからの乗り換えです。最近使っていたのはmoto zなのでzとの比較になります。起動が重いアプリだとzより数秒早く、2世代前のフラグシップより性能が上がったんだなと実感。zシリーズはmoto zのみがqhdでそれ以外はfhd。見劣りするかなと思いましたがやはりこのサイズの画面で見る分にはfhdでも十分密度が高く、qhdと並べても画面の綺麗さは変わりませんでした。本製品もmoto zと同じく有機elなので発色が良く映りは凄くいいです。モトローラ製品はフラッシュライトが非常に明るく、夜道を歩くときには足元を照らすのに役立ちます。moto zと光り比べてみたところ、moto zのは少し青みが強く、本製品のは自然な光になっていました。フラグシップではない2番手のシリーズでも、いろいろ改善されてフラグシップを凌ぐ性能になっているとはとても嬉しいです。moto zのほぼ半分の値段で買えるのでコスパもよいですね~指紋センサーが右側面に移動し、手のサイズや片手持ち・両手持ちで使い勝手が一様ではありませんが、右手片手持ちの場合、センサーの位置に自然に親指が来るので、以前のように最下部のセンサーをタッチしてから持ち直す、という手間がありませんし、片手持ちで親指を往復させるのは結構指がきついです。そういったストレスがなくなったので右側面でスリープ解除は凄く便利です。また、スクショはボリュームと電源ボタンの同時押しが一般的で、たいてい右側面にボタンが並んでいるため、無理な感じで同時押ししてやっとスクショ、という感じでしたが、本製品では右側の音量ボタンと左側の電源ボタンの同時押しでスクショが撮れるので、普通に本体を挟む自然な動作で無理なく撮れます。スクショを撮るたびに指が難儀していたのでこれには感動しましたw画面は本当に広くて、カレンダーアプリで下に一週間余分に表示されるようになりました。これ以上広くなったとしても、ナビゲーションボタンが下に行き過ぎて親指の往復距離が長くなり疲労が増すので、今のモニタサイズではこの表示領域で十分だと思います。両手持ちの方には指の往復は気にならないと思いますが片手持ちには指の負担を避けるのは重要です。moto zユーザには本体が厚くはなってしまいますがケースやバッテリモッドを使うとあまり気になりませんでしたのでお勧めできますし、まだmoto z、moto z playシリーズを使ったことがない人にもお勧めだと思います。バッテリモッドか無線充電モッドが定番的にお勧めで、360カメラモッドは新定番だと思っています。360カメラで撮影して加工やアップロードも他にデータを移さずにz3 playからそのままできるので、カメラ単機能の製品よりアドバンテージがありますね。(頭の上に固定するのには向かないと思います・・・)初代z playと比較した場合はもっとスペックアップが実感できると思いますが、後日追記したいと思います。追記です。前記で触れた起動に時間のかかるアプリの起動を初代z playと比較したところ、初代は本製品より40秒も長くかかりました。初代より超高速かつフラグシップの moto zより速いことが分かり満足です。また、moto zと写真を比べてみたところ、晴天ではmoto zでも十分に綺麗(今でも現役で使えるレベルの高画質・高性能)ですが、暗い部屋での撮影は全く違っていました。画像の処理エンジンが全く変わったようで、moto zでは暗い部屋が明るく見える方向で調整されホワイトバランスもずれていましたが、本製品では肉眼で見るのに近い、薄暗いままの絵作りとなっていました。ここまでカメラが性能アップしているともうmoto zには戻れないですね~ moto zの魅力は世界最薄ですが、現在の性能差だと厚みが増していてもz3 playのほうが優秀で魅力的な製品に仕上がっています。modsを付けてもmoto zより厚いことが気にならないので、mods常用の方にはデメリットがほとんど感じられないと思います。.

Moto zからの乗り換えです。基本用途はゲーム、写真などエンターテイメント的な使い方が主です。moto zも薄く快適だったので、以前のmodsも使いまわせるmoto z3 play にしてみました。前機に比べ画面サイズが大きくなったのが凄くイイ!心配していたスペックも何の問題もなく快適に動きます。そして、何よりもmotozの時のmodsが再び使えるのはとてもいいですね。360度カメラ、スピーカー、充電などなどのmodsが用途に合わせて交換できて楽しいです。.

利点と欠点

メリット

  • 3週間使った感想。
  • moto modsを使う予定がないならG6 plusの方がコスパがいい
  • 親指が楽・スクショ撮りやすい! (追記:z playより超速い!)

デメリット

Simスロットの内部構造が良くないのか、simに接触する金属辺が折れて、とれてしまう。.

特徴 モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z3 Play 4GB 64GB ディープインディゴ 国内正規代理店品 PABH0005JP/A

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • Android 8.1, Qualcomm Snapdragon 636 (SDM636), 1.8GHz ×8 オクタコアCPU, Adreno 509
  • 6.01インチ/2160×1080(FHD+、403ppi)、Super AMOLED、CORNING GORILLA GLASS
  • RAM / ROM : 4GB / 64GB バッテリー:3000mAh
  • IEEE802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz), Bluetooth 5.0
  • SIMタイプ:nanoSIM, インタフェース数:USB Type-C、microSDスロット
  • 指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、環境照度センサー
  • 18W ターボパワー充電器同梱
  • アウトカメラ:1200万画素(f/1.7)+500万画素デュアルカメラ、デュアル相関色温度LEDフラッシュ
  • インカメラ:800万画素(f/2.0、広角84°)
  • 付属品:USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、USB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブル、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG(法令/安全/規制)

メーカーより

Moto Z3 Play

6.01インチの大画面ディスプレイ

スリムなデザイン

デュアルリアスマートカメラ

6.01インチの大画面ディスプレイ

Max Vision 18:9のアスペクト比。

使い勝手の良い大画面でワンビューの情報量が増えました。

スリムなデザイン

6.75mmのスリムボディ。

Corning Gorilla GLASS仕様。

滑らかな丸みがあるデザイン。

デュアルリアスマートカメラ

1,200万画素+500万画素デュアルスマートカメラ搭載。

12MPの低照度センサーと5MPのセンサーを使用して鮮やかな写真を撮れます。

サイド指紋認証センサー

終日駆動バッテリー + 急速充電

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応

サイド指紋認証センサー

より快適なアクセスを可能とする側面に配置された指紋認証センサー。

終日駆動バッテリー + 急速充電

3,000mAhのバッテリーを搭載し、1回で最長1日分の充電が可能。

同梱物の18W TurboPower充電器を使用することで急速充電ができます。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応

4Gと3Gで同時に待ち受けが可能です。

仕事用とプライベート用など、1台で使い分けが可能です。(両スロットともにLETサポート)

Moto Z3 Play Moto Z2 Play Moto G6 Plus Moto G6 Moto G6 Play Moto X4
プラットフォーム Android 8.1 Android 7.1.1 Android 8.0 Android 8.0 Android 8.0 Android 7.1.1
プロセッサー Qualcomm Snapdragon 636 (SDM636) Qualcomm Snapdragon 626 (MSM8953 Pro) Qualcomm Snapdragon 630 (SDM630) Qualcomm Snapdragon 450 (SDM450) Qualcomm Snapdragon 430 (MSM8937) Qualcomm Snapdragon 630 Octa core
ディスプレイ 6.01インチ FHD + 5.5インチ FHD 5.93インチ FHD+ 5.7インチ FHD+ 5.7インチ FHD 5.2インチ FHD
メインメモリ 4GB 4GB 4GB 3GB 3GB 4GB
内部ストレージ 64GB 64GB 64GB 32GB 32GB 64GB
SIMタイプ nano SIMx2 DSDS※排他使用 nano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS nano SIMx2 DSDS※排他使用
カメラ 1200万画素+500万画素デュアルカメラ 1200万画素 1200万画素+500万画素デュアルカメラ 1200万画素+500万画素デュアルカメラ 1300万画素 1200万画素+800万画素デュアルカメラ
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh 3,200mAh 3,000mAh 4000mAh 3,000mAh
サイズ 約156.5mm×76.5mm×6.75mm 約156.2×76.2×5.99 mm 約159.9×75.5×8.1mm 約153.8×72.3×8.3mm 約154.4×72.2×8.9mm 約148.4×73.4×7.99 mm
質量 約156g 約145g 約165g 約162.5g 約173g 約163g

ベスト モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto Z3 Play 4GB 64GB ディープインディゴ 国内正規代理店品 PABH0005JP/A 買い取り

This entry was posted in スマートフォン本体 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *